ランキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 150件の自転車死亡事故を分析する(3) Out of Control

<<   作成日時 : 2017/04/29 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は150件の事故のうち特殊なケース1件のみを取り上げる。
その事故は昨年9月に東京都文京区で発生し、テレビ各局のニュースでも報道された。
画像

産経ニュース2016年9月26日(個人名など一部省略)
http://www.sankei.com/affairs/news/160926/afr1609260023-n1.html
26日午後、東京都文京区大塚の都道で、20代の男性会社員が運転する軽ワゴン車が歩道に乗り上げ、靴店に突っ込んだ。近くにいた男性(82)がはねられ、頭などを強く打って死亡した。
警視庁目白署によると、軽ワゴン車は車道から左にそれる形で店に突っ込み、男性をはねた後、ショーウインドーを大破させて停止した。軽ワゴン車は左後輪がパンクしており、男性会社員は「走行中にパンクして車が制御できなくなった」と話しているという。
画像

この様な、運転者の意思でクルマが制御できなくなり、歩行者や自転車に突っ込む事故は、度々世間を騒がせている。
暴走する理由は様々で、今回の様に車両に起因するものや、病気による発作、意識の喪失、居眠り、飲酒、危険ドラッグ、スリップ、踏み間違い、衝突のはずみ、自然発車など。
例えば、昨年以降、発生した事故では次のようなものが大きなニュースになった。

■草加市母子死傷事故
トラック運転手がスマホを見ながら運転し、信号を見落として別のトラックと衝突。はずみで歩道に乗り上げ歩行中の親子をはねた。

■梅田暴走事故
大阪市で男性が乗用車を運転中に心疾患を発症し、赤信号の交差点に進入。歩道に乗り上げ11人が死傷した。

■福岡タクシー暴走事故
タクシーが市道を300m暴走した後、博多区の病院に突っ込み10人が死傷。ブレーキとアクセルの踏み間違いと思われる。

今月18日にも、大阪・寝屋川市の交差点で、集団登校をしていた小学生の列に、別の車に追突された乗用車が突っ込み、児童4人と見守り活動をしていた女性の合わせて5人がはねられた。
画像
画像:TBS NEWShttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3031417.html

私が自転車の車道走行を危惧する理由の一つがこの制御を失ったクルマの事故である。
「これらの犠牲者は歩道や施設内にいる事が多く、車道の自転車はむしろ安全だ」と思われるかも知れない。
その可能性もあるが、私はこんな風に考えている。
-----------------------------
大きなニュースとして報道されるのは、暴走した先に歩行者がいたり、店舗が破壊されたりして、大きな被害が出たからである。
仮に制御を失ったクルマが他の車両にぶつかって止まったり、ガードレール、電柱に衝突して停止すれば普通はニュースにはならない。

歩行者・自転車が関わらない交通人身事故(要するにクルマやバイクの事故)は、年間およそ40万件も発生しているが、この数字は、けが人の発生しなかった物損事故は含まず、物損事故を含めると、さらにこの数倍発生している。
自動車乗車中の死者は年間1400人前後、負傷者は44万人(出典1)、踏み間違い事故だけでも年間7000件にも上る。
報道される事故はほんの一部というわけである。
制御を失いながら、歩道や施設に飛び込むクルマというのは、ガードレール、他の車両、電柱、照明、信号機、縁石といった構造物に、偶然遮られずに歩道まで到達したわけで、横断中のような無防備な状況はあるものの、基本的には歩道内の方が構造と距離において、暴走車両に対して有利ではないだろうか。
コンビニやスーパーでの暴走事故もよく報道されるが、これも可能な限り、歩行者通路を構造的に防護すれば被害を低減出来ると思われる。
画像

最近では突入防止のためのガードパイプのあるコンビニも増えてきているようである。
画像

ブログを書くにあたっては、各県警の交通事故概要やニュース、ドラレコ映像にも目を通しているが、反対車線に飛び出し対向車と衝突したり、何台ものクルマに衝突して横転したり、メチャクチャな事故はいくらでもあるのが現実である。
画像



このブログを執筆中の先週も次のような2件の事故があった。

福島市内の国道4号を走っていたトレーラーから巨大なタンクが落下。後続の大型トラックの側面にぶつかった。
画像
画像:読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170416-OYT1T50106.html

名古屋市中区の国道19号で、大型トレーラーが横転。鉄骨が路上に散乱。
画像
画像:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK4M3608K4MOIPE002.html

いわゆる積荷落下事故と言われるもので、調べてみると、年間100件以上起きている。(出典2)
上の名古屋の横転事故では、積荷が自転車道まで達しているが、少なくとも、事故車に近い場所ほど被害が甚大という事は言ってよいだろう。
-----------------------------
ここ最近、私も交通事故の処理をしている現場に遭遇して、車が横転している状況を見かけた。クルマの乗員は無事のようであり、私が心配したのは、歩行者や自転車が巻き込まれなかったか、という事である。
画像
      イメージイラスト

調べてみると、車両の横転と言うのは、私が想像していたよりも遥かに多く発生しているようだ。
イタルダの事故例調査データでは、車両単独事故の1/5、車両相互事故の1/15という割合で発生しており、これに何十万件という年間の事故件数を掛け合わせると、かなりの数字になる。(出典3)
-----------------------------
話が大分膨らんでしまったが、冒頭で示した文京区の事故はタイヤのパンクが原因である。
JAFによればタイヤのパンク、バースト、エアー圧不足による救援要請は一般道だけで約32万件(平成27年度)で要請理由の第2位であり(出典4)、少し古いデータになるが、タイヤ、車輪不良で起きる事故は平成12年で695件となっている。(出典5)
タイヤ関係以外にも、整備不良が原因の事故はブレーキやステアリング系など多種にわたり、毎年1500〜2000件の事故が起きていて(出典6)、さらに製造段階からの欠陥であるリコール対象車も思いのほか多く、要するにドライバーの意思から離れた原因で起きる事故は多数あると言う事である。
-----------------------------
交通事故総合分析センターの統計によると、運転中の急病や発作による事故は年平均250件起きているが、実際には交通事故関連の死亡では、解剖して調べられるのは全体の約6%にすぎず、事故原因が病気によるものかそれ以外の理由によるもかの追及は医学的に厳しいため、統計以上に多く起きている可能性も指摘されている。(出典7)
-----------------------------

現在、自転車が車道を走るとクルマから認知されやすく安全性が高いとされているが、残念ながらコントロールを失った車両には通用しない。
そのような事故に巻き込まれる事は、偶然が重ならなければ発生しないため、割合としては少ないだろうが、過失の無い第三者が事故に巻き込まれるケースは、社会的にも普通の交通事故とは違う、より重い感情を持って受け止められている。
速度が速い、交通量が多い、大型車が多い等の強力なエネルギーの行き交う大幹線道路で生身の自転車がクルマと混在したり、すぐ隣を列を成して走ったり、あるいは二段階右折のために何台もの自転車が交差点内に滞留する。
そんな状況がどこでも普通に見られるようになったら、今までにない惨事が増えるのではないかと危惧してしまうが、これは私だけが心配しすぎ、考えすぎなのだろうか。

150件の自転車死亡事故を分析する(4)に続きます

--------------------------
出典1 内閣府
平成28年版交通安全白書
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h28kou_haku/index_zenbun_pdf.html
第2節 平成27年中の道路交通事故の状況
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h28kou_haku/pdf/zenbun/h27-1-1-1-2.pdf

出典2 事件・事故・災害アーカイブ
トラックの積荷落下による交通事故
http://www.teguchi.info/jiko/19863/

出典3 財団法人 交通事故総合分析センター
イタルダインフォメーション No.65
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info65.pdf

出典4 JAF(一般社団法人・日本自動車連盟)
データで見るロードサービス
http://www.jaf.or.jp/rservice/data/2015/year.htm#car-data

出典5 財団法人 交通事故総合分析センター
イタルダインフォメーション No.35
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info35/info35_1.html

出典6 自動車の整備方法
整備不良による事故
http://fukkoubon.com/10000p/

出典7 自動車保険ガイド
運転中の発作事故は年平均250件〜事故の防止策はあるか?
https://car-rider.jp/hoken/%e7%99%ba%e4%bd%9c%e4%ba%8b%e6%95%85/

---------------------

150件の自転車死亡事故を分析する(1)
http://otenbanyago.at.webry.info/201703/article_1.html

150件の自転車死亡事故を分析する(2)信号交差点
http://otenbanyago.at.webry.info/201704/article_1.html















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
150件の自転車死亡事故を分析する(3) Out of Control ランキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる