ランキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤザワトラベルケトルTVR09WHレビュー

<<   作成日時 : 2014/01/06 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤザワの旅行用電気ポットを買ってみた。
画像

海外に行くとホテルの部屋にポットが用意されている場合と
無い場合がある。
私の経験では半々くらいであろうか。
ポットがあっても壊れていて内線で代わりのポットを頼んだが全然持ってきてくれない事もあった。

仕事であっても観光であってもホテルの部屋でコーヒーの一杯くらいは飲みながら明日の準備をしたいもの。
カップラーメンとか味噌汁とか、お湯を入れて出来るご飯などのインスタント食品もある。
お湯があると出来ることは結構多い。

そんな事で旅行用のポットを検討してみることにした。

意外にトラベルポットというものは商品が少なく家電店にもあまり売っていない。
下のようなミニクッキングヒーターと言われるものの存在も知っていたのだが調べてみると、
使用方法に注意が必要で、製品のほかにマグカップ等も持っていく必要がある。
そして使用地域も限られる様だ。

なので電気ポットの形でコンパクトなものを探してみた。

結果他の人の評価とか価格を考慮してヤザワのトラベルケトルTVR09WHを購入。

実際に自宅でも海外のホテルでも使ってみた。
最大で400mlの水を沸かすことができる。
少ない気もするがカップラーメンに必要なお湯の量は
ホットヌードルで280ml、赤いきつねうどんで410mlなのでなんとかなりそうだ。

400mlの水を沸かして沸騰するまでが約6分30秒ほど、
それから30秒ほどしてスイッチが自動的にオフになった。
これならポットから離れていても安心である。
ただし沸いたお湯を保温しておく機能はない。
冷めたらまたスイッチを入れて沸かしなおしになる。
画像

使用する地域によって電圧切替スイッチを切替える必要があるが国内でも海外でも使用する事が
出来る。実際ヨーロッパで問題なく使うことが出来た。ただし各国のコンセントに刺せるように変換プラグは必要。

基本水道水が飲める国でも沸騰させてから飲むとより安心だし、ホテルの設備を心配する事なく必ずコーヒーを飲んで一服できるのは素晴らしい。

そして小腹が空いた時や現地の食事に飽きた時におかゆとか五目御飯とか味噌汁が食べられるのはありがたい。
コップ2個はポットの中に収納できるのでかさばらず、またポット収納用のナイロンのポーチも付いている。
画像

この製品の良くない点ははっきり言って作りが安っぽい。プラスチックの部品と部品の間に隙間があって工作精度の悪さが窺える。(取っての上や下あたりに隙間があるのが写真で分かっていただけるだろうか?)

コップも最低限持つことが出来る取っ手が付いている。ただその分、値段が安い訳だしちゃんと使えているので問題ないと言えば問題ない。水が漏れたりする訳では無い。

あともうひとつの問題点はプラスチックの匂いが水に移る事である。
正直最初お湯を飲んだときはけっこうきつい匂いがした。
しかし5回位使うと匂いは薄れてほとんど気にならなくなる。
匂いを取るために数回水を沸かして捨てるか、あるいは最初のうちは白湯として飲まずにカップ麺やコーヒー等の味のするものに利用するかしたほうが良いと思う。

国産有名メーカー等からデザインに優れ、作りのしっかりした製品が出ればその方が良いとは思うが、無いものは仕方がない。
私にとって海外へ行く際には欠かせないアイテムとなった。ホテルの部屋にポットがあると少しがっかりするが、もっと早く購入しておけば良かったと思っている。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ヤザワトラベルケトルTVR09WHレビュー ランキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる